So-net無料ブログ作成

USJ「ハリー・ポッターのエリア」楽しみ方と並ばない方法とは? [旅行]

約450億円もの大金を使って、現在のUSJ敷地内に増設された
今話題のハリー・ポッターのエリアが2014年7月15日に公開されましたね。

ハリー・ポッター.jpg
http://www.usj.co.jp/wwohp/より引用

オープン当日は3000人が列をなし、USJの運営会社はこのパークの新設により、
来場者が年間200万も増加すると見込まれているようですよー。

これを起爆剤に関西が更に盛り上がるのではと期待されているようです。

ハリー・ポッターの物語に描かれている世界観を忠実に再現しているようなので、
小さい頃からハリー・ポッターの映画を見てきた私としては是非とも行ってみたいものです。

もちろん映画を観たことがない人でも十分楽しめるようですよ。

魔法の車が木にぶつかり、壊れてしまったシーンを再現していたり、

ハニーヂュ-クスの店内では、物語に描かれている蛙チョコや
すっぱいペロペロ酸飴、バーティー・ボッツの百味ビーンズなど。

映画の中でしか買えないものがここで買えるので要チェックです!

オリバンダーのお店では「杖」が購入できたり
「杖が魔法使いを選ぶ」という体験をすることもできるようで
数時間待ち…という事もあったそうですよ。

ホグワーツ城も黒い湖に映り込むように作られていて、
USJのハリー・ポッターのパークに懸けるこだわりを感じますね。

しかも、湖に映るホグワーツ城を見ることができるのはUSJだけのようですよ。

そして気になるアトラクションは
「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー(ハリー・ポッターと禁じられた旅)」
「フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ(ヒッポグリフの飛行)」の二つ。

ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーはハリー・ポッターと一緒に空を飛ぶ体験ができ、
恐怖感はないようで、ジェットコースターが苦手な方でも楽しめそうですね。

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフは魔法界の生き物であるヒッポグリフをモチーフにしたアトラクション。
家族向けのようなのでお子様と気軽に楽しめそうです。

と、これだけ盛り上がると気になるのは混雑状況。

平日でもバック・ドロップは160分待ちというから、新設されたばかりの
アトラクションになれば平日でもかなり待つことが予想されますよね。

4時間半も並ばないとハリー・ポッターのエリアに入れないという誤報まで出たようなので。

ですが、新予約システムにより、整理券を取得すれば整理券に書かれた時間帯に
エリアに入場できるようなので、このシステムを利用すれば効率よく回れますね。

この整理券、当日にも入手できますが、前もって入手できる方法もあるようなので、
当日に入手できるか不安という方は予めチケット、または新幹線の交通券と
一緒に入手することをオススメします。

アジアでは日本が初めてのハリー・ポッターのパークは
海外からの観光客も増えそうですし、これを機に日本がもっと明るくなることを願っています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。